引越し当日前までに準備しておく事リストアップ!

 

引っ越しの準備をしっかりしておかないと、後々困ってしまったり、夜中まで作業しないと間に合わなくなったりしてしまいます。

 

 

そうならない為に、引っ越しの際に徐々に準備しておくと良いものを紹介していきます。

基本的には引っ越しの2ヶ月ほど前から準備を始めた方が良いです。

 

 

まずは、退去の旨を管理会社に伝えて退去届を提出して下さい。

 

賃貸借契約にもよりますが、だいたい退去する1ヶ月前申告になっていて、稀に2ヶ月前の場合もあるので早めに確認して手続きをしましょう。

 

 

次に、新居が決まっている場合は引っ越し業者を決める事です。

 

繁忙期は金額も高く、スケジュールも自分の思い通りにいかないことになりがちです。

 

早めに日取りを決めて見積もりをしてもらい、予約をしておきましょう。

 

自分で引っ越しをする場合は、荷物の量からトラックの大きさを決めてレンタカーの予約をしておくと良いでしょう。

 

 

 

次に、インターネット回線の契約です。

 

引っ越した先でインターネットを使う場合は、連絡をしておかないといけません。

 

もしも、現プロバイダーを解約する場合は、現在所有しているモデムがレンタル品となるため返却手続きを行わなければいけません。

 

引越し先でも同プロバイダーを利用する場合は住所変更の連絡だけを行っておきましょう。

 

回線の引き込み工事が必要な場合、繁忙期は開通作業をするだけで何週間も待たされることがあるので、引っ越した日から使わないといけない場合などは早めに行動しましょう。

 

また、賃貸の場合は、回線引き込み済みか、もし通っていない場合は大家さんに回線工事の了承を得なければいけません。

 

 

最後に荷造りです。

 

人によりますが、平日は仕事をしているといった場合は、荷造りをする時間が限られているので、季節外れの物などから早めに始めた方が良いでしょう。

 

新聞で割れ物などを包むことが多いので、新聞を取っていない人は誰かにお願いしてもらうなどして多めに準備しておきましょう。

 

ダンボールには何が入っているかをしっかり記載して、荷ほどきの事も考えておきましょう。

 

資材関連は見積もり時にもらえる場合がありますが、契約した業者の場合のみ無料になるケースがほとんどのため注意して下さい。(資材代と返送料が必要になったケースあり。)

 

荷造りは段ボールに入れれる小物関連のみで、大型家具や家電類は当日に業者が梱包を行います。

 

これらの確認も見積もり時に営業スタッフの指示を仰いで下さい。

 

引越し当日までの準備事項はこれぐらいですが、役所関連の手続きもあるのでこの辺もまた改めて記載して行きます。

 

 

© 2021 引越し業者レビューから専門用語まで分かりやすく!引越しディクショナリー All Rights Reserved   

Theme Smartpress by Level9themes.