「赤帽」を利用する際のメリットとデメリットは何?

引越しで赤帽を利用するメリットは、何といっても価格の安さにあります。

 

赤帽の料金は地域によって異なりますが、例えば東京都で作業時間2時間以内かつ走行距離20km以内の依頼を行った場合の料金は13,500円となっており、他社と比較して格安であることには疑いの余地がありません。

 

また、引越し業者の補助役としても機能するのが赤帽です。

 

契約した引越し業者のトラックに荷物が乗り切らずに困っているという場合や、

自分で引越しをする際にどうしても一部の家財だけを搬出できずに悩んでいるという場合には、

 

赤帽に依頼すると低価格で新居までの運搬を行ってくれます。

 

また、住宅街の道路状況にっては大型のトラックを家の横に着けることができず、一般的な引越し業者では対応が難しいというケースもありますが、

小型車を利用する赤帽であれば問題なく荷物の搬出が可能なケースがありますし、仕事の都合上、日中に引越しができないという場合でも騒音を出さずに運搬作業ができることも赤帽を利用するメリットです。

 

 

デメリットとしては、荷物の搬出入の手伝いを自ら行わなければならない場合が多いということです。

 

赤帽が格安な理由の一つに「人件費の安さ」があります。

 

赤帽では、荷物の搬出入から車を使っての運搬まで基本的には一人のスタッフが行っているため、一人で運ぶことが難しい大型の家財の搬出入で力を貸さなければならないケースは必然的に増えてしまうのです。

(ただし、状況によっては赤帽側が助っ人を手配してくれたり、2tクラスのトラックを用意してくれる場合もあります。)

 

また、料金も変動制となっているため、運搬作業に時間がかかったり、長距離の移動の場合は追加料金が必要だったり、土日祝日に利用するという場合には料金が加算されていきます。

 

安く収まる範囲内での引越しで、なおかつ作業の手伝いをすることに抵抗が無いという方にはおすすめできますが、荷物が多く作業工程が多い方には専門業者への依頼の方が向いていると言えるでしょう。

© 2017 引越し業者レビューから専門用語まで分かりやすく!引越しディクショナリー All Rights Reserved   

Theme Smartpress by Level9themes.